リハビリ専門学校は専門性が高い

リハビリ専門学校は「専門学校」なので、教員はリハビリの臨床現場で5年以上経験のある経験豊富な方でそろっています。授業でも教員の臨床経験談などの話が身近に聞くことができるので専門的な授業を受けることできます。また、難しい専門用語なども2~4年間の在学期間中に毎日のように言葉を耳にし専門的な知識として必要な内容はテストに必ず出題してくるため自然と専門性は高まっていきます。

また、授業の中でも実習やボランティアが行われているため臨床現場の職員の雰囲気を多く目に触れることができるのでリハビリの専門職としての意識が在学中に高まってきます。大学や短期大学もリハビリ学科を設置しているところは多くあります。ですが国家資格であるリハビリ専門職であるなら即戦力は大切です。大学や短期大学は自分たちで学問を研究していくことが主体となる教育機関になりますが、専門学校は即戦力を重視して指導を」していきます。

そのため卒業したらすぐに臨床現場で順応できるようにリハビリの臨床現場にあるものから使用方法、専門用語までこと細かく丁寧に指導してくれます。現場実習でも評価はつきますし能力や専門性が欠ける場合は再実習にもなります。そのようなことからリハビリ専門学校は「卒業後、専門性を高めて臨床現場で即戦力をつけたい」という方にぜひおすすめの教育機関です。専門学校であれば授業で使用する専門書も1から丁寧に教員が指導してくれます。